芸能速報

芸能ニュースのまとめサイトを運営しています。
皆様が気になる芸能人のニュースや情報に対し
2chの声などをまとめて紹介しています。

    カテゴリ: 俳優


    氷川きよしの"女体化"に驚き - ニフティニュース
    明治神宮野球場で行われたヤクルトvs阪神戦の始球式に氷川きよしが登場した 氷川は短パン姿で美脚を披露、その"女性らしい"容姿に驚きの声があがった 氷川は" ...
    (出典:ニフティニュース)


    氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手である。 本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調ポップス系の楽曲を発表する際はKIYOSHI名義でも活動する。
    41キロバイト (2,537 語) - 2019年8月10日 (土) 00:54



    (出典 news-img.dwango.jp)


    これは・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/12(月) 22:58:59.13 ID:rcNTV7p49.net

    演歌歌手の氷川きよしが8月8日、明治神宮野球場で行われた『東京ヤクルトスワローズ』対『阪神タイガース』の始球式に登板した。
    〝99点〟のナイスピッチングで会場を沸かせたのだが、それ以上に氷川の〝女性らしい〟容姿に注目が集まったようだ。

    氷川が同所でのヤクルト戦の始球式を務めるのは、4年連続四度目。
    ヤクルトのユニフォームに短パン姿でマウンドに登場した氷川は、3月にリリースしたシングル『大丈夫』を披露。会場に詰め掛けた氷川ファンのおばさまたちも、〝氷川うちわ〟を振って黄色い歓声を送る。
    指をOKの形にする〝大丈夫〟ポーズを交えながら歌い終え、いよいよ登板。セットポジションから投球したボールは高めに抜け、キャッチャーを務めた中村悠平選手が捕球し、球場は大盛り上がりを見せた。
    始球式後、氷川は今回の投球について、「自分で言うのも何ですが、年々上手になってきていると思います」と満足気に語り、点数を〝99点〟とした。


    おばさまだけでなくおじさまも虜に…
    氷川が着用していたヤクルトのユニフォーム背番号「20」は、デビュー20周年とかけており、ホットパンツほどの短い丈のパンツからは鍛えられた〝美脚〟を惜しげもなく露出。
    さらに髪は夏らしい明るい茶髪を〝ふわふわ〟に巻いているため、遠目から見ると〝きれいな女性〟に見えてしまうという事態に。

    〝演歌界のプリンス〟の衝撃的な変貌に、ネット上では、

    《どんどんキレイになってきてる》

    《もうこれは氷川きよ子》

    《私より断然かわいい…》

    《転換でもした!? ってくらい女性らしくなってきてるね》

    《ますます女性ホルモンが増えてる》

    などと、氷川の〝女性らしさ〟に驚きを受ける声が殺到している。

    「氷川さんは、アニメ『ドラゴンボール超』のオープニング曲『限界突破×サバイバー』で、ビジュアル系バンドのような派手な衣装を着用したことが話題になりました。
    そのときに、ヘアメークの楽しさに目覚めたのでしょうか、新曲『大丈夫』の宣材ポスターでも〝美しさ〟に重点を置いて撮影したのではないかと予想されます。
    今回の始球式では、ただでさえかわいらしい顔立ちに加え、茶髪でゆるふわパーマに艶やかなグロスリップを付けたとなると、すっかり〝美女〟に大変身してしまうのも無理はありません」(芸能ライター)

    ますます美しさに磨きがかかる氷川。〝演歌界のプリンス〟兼〝演歌界のプリンセス〟となる日も近い!?

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-369716/
    2019年08月12日 11時02分 まいじつ


    (出典 img.barks.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    h
    (出典 imgc.eximg.jp)
    &t=jpeg

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 www.utabito.jp)


    (出典 i.imgur.com)


    【【衝撃】氷川きよしの「女体化」が凄すぎる・・・・・・】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)


    びっくりしました・・・

    1 ひかり ★ :2019/07/23(火) 21:17:12.99 ID:9Gv/okjK9.net

     未成年者との不適切な関係で、所属事務所から契約解除された俳優・小出恵介さん(35)が、インスタグラムで
    「全く同じ!全く同じじゃないか!! 悔しさがこみ上げます」と書き込んだ。

     投稿の真意は不明だが、ファンからは昨今の芸能界で続くトラブルとの関連性を想像する反応が寄せられている。

    ■「また舞台観たい!! 待ってる」

     小出さんは2017年6月、週刊誌『FRIDAY』で未成年の少女と共に飲酒をし、不適切な関係を持ったと報じられた。
    所属事務所のアミューズは小出さんの無期限活動停止を決め、18年6月には契約終了を発表。リリースでは
    「双方合意のもと円満に終了」「表現者として更なる可能性を切り拓くことを弊社としましても応援していく所存です」としていた。

     小出さんは19年7月23日、インスタグラムのストーリーを更新。冒頭、「全く同じ!全く同じじゃないか!! 
    悔しさがこみ上げます」と、具体的な表現はしないものの複雑な心境を吐露。

     続けて、「しかし!! 俺もいつか必ず皆様の前に戻ります 必ず自らを磨き直し見つめ直し必ず皆様の前に戻ります!」と
    "復活"を誓った。

     ファンからは、「例のY興業さんのゴタゴタ......?小出さん信じて待ってます‼」「ヨシモトの事で恵ちゃんも
    思い当たる節があるんだろう待っている期間が長すぎるよー小出くんがまた活躍出来ますように」
    「小出ー!戻ってくるね、これは!また舞台観たい!! 待ってるーーーー!! 」と、再起を期待する声が上がっている。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000012-jct-ent


    【【俳優】突如インスタに現れた小出恵介、その理由が驚きだったwwwww】の続きを読む



    (出典 cdn.deview.co.jp)


    これはすごすぎ。びっくりしました。。

    1 シャチ ★ :2019/07/23(火) 20:18:20.32 ID:W1FVaAs59.net

    <阪神-DeNA>◇23日◇甲子園

    27日スタートのテレビ朝日系土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」に主演する間宮祥太朗(26)が、ファーストピッチセレモニーに登場し、プロ野球始球式での芸能人最速139キロを記録した。

    【写真】139kmを示す電光掲示板

    ドラマの放送開始日と番組名「BESHARI 727」と書かれたユニホームでマウンドに登場。豪快なフォームから鋭いボールを投げ込んだ。バックスクリーンに表示されたのは驚きの「139km」。これまでの最速は、ゴールデンボンバーの樽美酒研二が昨年6月27日に計測した135キロで、間宮が一気に4キロ更新した形。仰天の球速に甲子園の観客は大いに沸いたが、間宮は「浮いちゃったなと。ストライクを投げたかったんですけど、久しぶりにマウンドに上がって、ちょっと力んだかなと思います」と反省も口にした。

    小学1年から中学3年まで野球をプレーしていた間宮は、幼い頃から阪神ファン。「祖父が熱烈な巨人ファンで、その時の巨人はスター選手だらけですごく強かった。それに対しての反抗心というか、燃えてきて」。あこがれの選手は金本知憲氏で、今でも家にフィギュアを置いているという。

    今年は神宮球場や横浜スタジアムなどを訪れ、阪神の試合を5度観戦。球場に行けない時も、中継を見てチェックしている。この日チームに合流したばかりの新外国人、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32=マーリンズ傘下)についても「セクシータイムでしたっけ? 注目しています」と話し、熱烈な阪神ファンぶりを見せた。

    ドラマ「べしゃり暮らし」では、関西出身の転校生と漫才コンビを組む役柄。「『べしゃり暮らし』の宣伝を甲子園で阪神ファンの自分が出来ていることが、二重にうれしい。ありがたいです」と笑顔を見せていた。



    7/23(火) 18:44配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-07230753-nksports-base
    阪神対DeNA ファーストピッチセレモニーで投球する間宮祥太朗(撮影・前田充)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【俳優】間宮祥太朗、マジですげえええええwwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 scdn.line-apps.com)


    かわいい

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/31(日) 19:21:33.35 ID:bTQaEeGb9.net

    ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」でモデルとして活動する高校生・諏訪唯月を演じた女優の今田美桜が、WEBマガジン「VOGUE GIRL」に登場。
    80年代のトップアイドルに変身し、チャーミングなガーリースタイルを披露した。

    同マガジンが毎月最も気になるガールにクローズアップする企画「GIRL OF THE MONTH」に登場した今田は、
    80年代のトップアイドルをコンセプトにイエローが印象的な総フェザーのロングドレスや、大きなリボンモチーフのモノクロドレスなど、さまざまなスタイルに挑戦した。

    1997年生まれの今田は「私はSPEEDとかの世代で、アイドルにどっぷりハマったことはない」という。
    そのため、撮影ではアイドル時代のWinkや森高千里の写真を参考にしたそうで、「全力でアイドルになりきらせていただきました!」と撮影を振り返った。

    ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」など話題作への出演で注目を浴びている今田。
    現在公開中の映画『君は月夜に光り輝く』では、北村匠海ふんする卓也のバイト先の先輩役を務め、劇中でキュートなメイド姿を披露している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16246039/
    2019年3月31日 18時13分 シネマトゥデイ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 music.oricon.co.jp)


    (出典 realsound.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】「3年A組」で大活躍の今田美桜、美少女になってたwwww】の続きを読む



    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    あらら・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 22:50:14.56 ID:H8FtV8Ln9.net

    田代まさしの露出が増えている。先日にはNHKの『バリバラ』に登場し、薬物依存の恐ろしさを語った。
    逮捕のたびにクスリをやめようと思うも、いざ刑務所に入ると「またやりてぇ」といった欲望が沸き上がってくるといった正直な思いも吐露している。
    元タレントとして、話にユーモアを交えながら紹介するエピソードは説得力があるといえるだろう。

    田代は、鈴木雅之らと結成したシャネルズ(ラッツ&スターに改名)のメンバーとしてデビューし、その後、バラエティ番組にコメディアンとして登場するようになる。
    特に、志村けんに気に入られ、『バカ殿』シリーズ(フジテレビ系)などに出演していた。
    小道具を使ったダジャレの帝王としても知られた。

    しかし2000年に、都内の私鉄駅で女性のスカートの中を盗撮しようとして書類送検される。
    この時は「ミニにタコ」というお得意のダジャレで切り抜けようとしたが、バッシングを浴びてしまう。
    芸能活動に復帰するも、風呂場をのぞいたとして2001年に逮捕され、その後の捜査で自宅から覚せい剤が見つかる。そこから4度の逮捕と2度の懲役を経験している。

    そもそも、田代が薬物に手を染めてしまったのには、どういった理由があるのか。

    「田代といえば、“マーシー”の愛称で知られ、サングラスがトレードマークでした。
    これはミュージシャンとして格好付けていたわけではなく、実は極度のあがり症で目が泳ぐために、サングラスでごまかしていたようですね。
    数々の番組に出演していましたが、常に緊張で手が震えるほどだったそうです。
    また彼自身が、酒が一滴も飲めない体質であるため、飲んで騒ぐといった部分でストレスを発散できなかったことも、薬物に手を染めてしまった原因だと言えるでしょう。
    さらに有名人であったため、シャバに放たれるたびに売人が近寄ってきたそうです。まさに苦悩の連続なのです」(芸能関係者)

    もちろん薬物に手を出すことは絶対にあってはならないが、彼なりに切実な事情もあったのかもしれない。
    それゆえに、その痛みや苦しみをテレビなどで広く周知していくことは、それなりの意味を持ちそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16772562/
    2019年7月14日 14時30分 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    め組のひと


    【【衝撃】田代まさし、薬物に手を出した真の理由を衝撃カミングアウト・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ