芸能速報そのままに

芸能ニュースのまとめサイトを運営しています。
皆様が気になる芸能人のニュースや情報に対し
2chの声などをまとめて紹介しています。

    タグ:イッテQ


    出川のイッテQ企画にブーイング|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース
    画/彩賀ゆう(C)まいじつ9月8日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗がマシュマロキャッチの世界記録に挑戦。しかし、視聴者からは、 ...
    (出典:BIGLOBEニュース)



    (出典 dot.asahi.com)


    あらら。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 11:35:18.49 ID:BSvhtr3D9.net

    9月8日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗がマシュマロキャッチの世界記録に挑戦。しかし、視聴者からは、企画に対する批判的な意見が相次いでしまった。

    現在、非公認ながらマシュマロキャッチの世界最速記録と最長記録を保持している出川。今回は新たに高さの世界記録に挑むこととなり、ニュージーランドにある高さ100メートルの縦穴洞窟を訪れた。チャレンジ前にキャッチの練習をすることになった出川は、まず、現地のグラウンドで生卵を使って守備範囲と反射神経を鍛えることに。しかし、当然ながら最初は失敗の連続で、50メートルの距離から生卵キャッチに成功したころには、ツナギ衣装が黄身で派手に汚れるありさまとなっていた。

    いよいよ本番のマシュマロキャッチとなったが、この日、洞窟の上部は霞がかって視界が悪く、出川はキャッチどころか一歩も動けない状態に。すると、番組は「1つくらいは入るだろう」との考えで20個同時にマシュマロを落とす作戦を実行したが、これも落下点にすら入れず失敗に終わってしまった。

    食べ物を粗末にしているとの批判が
    その後も、視界の悪さをカバーすべく色付きのマシュマロに変更したり、落とすマシュマロを増やしたりと〝改良〟を重ねていったこのチャレンジ。しかし、結局2日間かけたロケで一度も成功せず、ただ無数のマシュマロを消費する結果に終わってしまった。

    この洞窟は撮影許可を得た私有地ということだが、大自然にマシュマロがバラ撒かれる光景は、視聴者から

    《マシュマロがもったいない…》
    《あれは食料の無駄遣いだ。 全部食ってるならまだしも、あれは大量のマシュマロを投げ捨て、廃棄してるだけだ》
    《大自然にゴミを散らかしてるだけのような気が》
    《食料廃棄が深刻な問題となっている今、あの企画は問題の進行を助長しているだけ》
    《金にモノを言わせて非常識なYouTube企画みたいになってた》

    などと大ブーイング。練習で消費した卵と合わせて、「食べ物を粗末にしている」との印象が強く残ってしまったようだ。

    失敗に終わっているあたり〝ヤラセ〟はなかったようだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2005063/
    2019.09.15 10:33 まいじつ


    【【お笑い】『イッテQ!』出川哲朗、大炎上wwwwwww】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    うーん。。

    1 muffin ★ :2019/07/08(月) 11:16:56.70 ID:cdDmRIBr9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907080000213.html
    2019年7月8日11時4分

    お笑いタレント、宮川大輔(46)とお笑いコンビ、尼神インターが8日、都内で映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(8月2日公開)の「ワイスピ会」結成報告会に出席した。

    ワイスピ会の代表を務める宮川は「ワイルド-」の魅力について「規格外のアクションとファミリーのつながり」と話した。ワイスピ会の入会条件は、映画「ワイルド-」が好きで、仲間をファミリーと呼ぶことの2つだけ。宮川は「1泊2日でキャンプに行って、結束を深めたい」と話した。

    宮川は出演している日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)の「祭り企画」2件が、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会「から程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があったと言わざるを得ない」と5日に発表されたばかり。

    宮川は「お騒がせしました。(BPOの見解が)決まりましたんで。また、新たにロケが決まれば、(スタッフ、キャストで)一丸になって頑張ります」と話した。

    「ラオスの橋祭り」(18年5月20日)タイのカリフラワー祭り(17年2月12日)はともに、現地日本人コーディネーターが番組のために用意した企画を、番組スタッフが把握していなかったと結論づけられていた。


    【【バラエティ】宮川大輔、イッテQお祭り企画に対して大胆発言。。。。】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    あらー・・・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/07(日) 14:37:12.81 ID:Bm8OhUpk9.net

     内村が降板を覚悟した!? 日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後8時)で騒動となった“やらせ祭り”問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日、放送倫理違反に当たるとの見解を示した。BPOに「やらせ」と認定されて日テレ内部は蜂の巣を突っついたような大騒ぎになっている。なかでも大問題なのは、番組のリーダー的存在の内村光良(54)が10月降板を決意したとささやかれていることだ。

     今回のBPOの見解を受け、MCの内村が「降板を口にした」という衝撃的な情報を入手した。「結論を言えば、自分がタレントとして芸人としてまた、一人の人間として納得できる対応策が示されない時は、10月いっぱいで『イッテQ』を降板すると発言したそうなんです」

     こう話すのは番組の事情通だ。どうやら内村の決意は固いそうで、今回の件について説明に訪れた旧知の仲である演出担当者に対し最後まで口を開かなかったとも。

    「あんな厳しい表情をした内村さんを見るのは初めてです。みやぞんやバービーが大けがをしたとき、内村は泣きながら番組幹部に『これ以上、仲間を傷つけないでほしい。危険なロケなら俺にやらせろ』と直談判したんです。もしかしたら、すでに内村の腹は決まっているかもしれません」(同事情通)

     かつては日曜の夜8時台でNHK大河ドラマさえ寄せ付けない“独り勝ち状態”だった「イッテQ」。だが、このところ、裏番組のテレビ朝日の「ポツンと一軒家」に視聴率で勝てなくなっている。

    「番組には必ず賞味期限がある。内村自身、いまが潮時かと考えているのかも…」(同事情通)

     もちろん内村が降板するようなことがあっては番組存続はおろか、日テレとしても致命傷だ。日テレ上層部も手をこまねいているわけではない。今回の一報を受け、日テレ局内では「イッテQ」のプロデューサーやチーフディレクターなどを緊急招集し、対応策について口頭で説明させたという。

    「改めてその場で、絶対にヤラセと誤解されるような演出は行わない。放送前にVTRのチェックを番組関係者以外にもしてもらう。コーナー企画に関しては、担当プロデューサー、局プロデューサー、考査部のチェックを受ける。また、放送前の完パケ(完成した映像)を必ず局長、局プロデューサー、番組向上委員会メンバーに見てもらうなどの取り決めをした」(制作関係者)

     さらに、最近、けが人が出ているロケについても「万が一、タレントから“もうだめだ”とのギブアップ宣言が出たら絶対に追い込まない。今後はロケの様子もVTRに撮り、保存することになった。それにディレクターやプロデューサー、さらに番組向上委員会のメンバーにもチェックしてもらう。ヤラセ演出の有無をシートで提出してもらうんです」(同関係者)。

     チェック体制だけではない。内部の風通しもよくしようと試みているよようで、番組スタッフに対しては、現代版目安箱的なメールアドレスが設置されたという。

    「これは社長が直々に目を通す。セクハラやパワハラは当然として、ADでも気になることはすぐにメールで相談が可能になった」と同関係者。これらの改善策で内村を納得させることはできるか。

    【イッテQやらせ問題の経緯】
    ・2017年2月12日 日本テレビがタイで開かれているとして「カリフラワー祭り」を紹介した「世界の果てまでイッテQ!」を放送

    ・18年5月20日 ラオスの祭りとして「橋祭り」を紹介する

    ・11月8日 週刊文春が橋祭りなどは実在せず番組側の企画だと報道。日本テレビがやらせ疑惑を否定

    ・11月9日 放送倫理・番組向上機構(BPO)が、日テレに報告書の提出を求めることを決定

    ・11月15日 日テレの大久保好男社長(当時)が「疑念を生み心配をかけた」と謝罪、企画の休止を公表

    ・19年1月11日 BPO放送倫理検証委員会が審議入り

    ・7月5日 放送倫理検証委が「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」などとする意見を公表


    2019年07月07日 11時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1461171/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【【テレビ】「イッテQ!」お祭り企画、やらせ認定でついに完全に終了か・・・・・】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    ジャパニーズセクハラ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/07(木) 15:09:09.80 ID:2HCfUG2n9.net

    3月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での出川哲朗の発言に、視聴者から非難の声が上がっている。

    この日、番組では新企画「世界の国からお土産を」が始動。何でも、「イッテQ!」出演者は
    海外ロケが多いにもかかわらずお土産のやり取りをほとんどせず、スタッフは「仲が悪いのか?」「ケチなのか?」などと疑問を抱いていたのだという。

    そこで同企画では、メンバーが持ち回りで海外へ飛び、成功すれば国の名産品を持ち帰ることができる
    〝ミッション〟を与えていくことに。記念すべき初回の放送には出川とモデルの堀田茜が選ばれ、
    お土産ゲットを目指して激流川下りや断崖絶壁での過酷なアクティビティーに挑んでいった。

    出川と堀田が第1回の舞台として訪れたのはニュージーランド。
    企画冒頭、2人はタンクトップ着用で登場し、大自然をバックにオープニングトークを敢行していく。

    「胸がない」とのイジリに「不愉快」との声が
    何やらヘラヘラと笑みを浮かべる出川は、薄着でボディーラインがあらわになった堀田を見て「峰不二子の(胸が)ないバージョン」と『ルパン三世』のキャラクターにかけていきなり 〝*イジリ〟を展開。
    「最高にセクシーだね」と持ち前のスタイルを褒めるフォローも入れたものの、
    堀田は「ひどい!」「なかったら峰不二子じゃないから!」と苦笑いで反論する様子を見せた。

    ともに笑いを浮かべたこのやり取りだったが、ツイッターには、

    《イマドキこの*いじりだけは好きじゃないんだよなー》
    《本当に失礼だし気持ち悪い》
    《キモいオッサンの失礼で異常な態度を見て喜ぶ日本人たち…》
    《全*を敵に回した》
    《*じゃなかったら女としてダメなの?》
    《これをネタとして流せるテレビ局にも幻滅した》
    《出川の 堀田茜への 「峰不二子の(胸が)ないバージョン」発言はさすがに不快だった》

    など、出川に対して厳しい意見が。一般社会で女性の体型を揶揄することはセクハラにあたるが、出川も同じような指摘を浴びてしまった格好だ。

    同時間帯のバラエティー番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に視聴率争いで敗れる回も出ていただけに、新企画でいきなりの不愉快シーンは、さらなる深手に拍車を掛けることになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1720865/
    2019.03.07 07:31 まいじつ

    前スレ                    2019/03/07(木) 08:06
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1551913564/


    【イッテQ 出川が堂々セクハラ!! これがテレビか・・・】の続きを読む



    (出典 public.potaufeu.asahi.com)


    ほんとにすごいな・・・

    1 アルテミス@ ★ :2019/03/04(月) 09:19:42.25 ID:T4doyZUf9.net

    日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)が3日に放送され、平均視聴率が18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。同時間帯のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)は15・9%だった。

     この日は人気企画「珍獣ハンターイモト」と出川哲朗(55)の新企画を放送。前週24日には初めて視聴率が「ポツンと…」を下回ったが、再逆転となった。

     「イッテQ」と昨年10月7日にレギュラー化された「ポツンと…」はし烈な視聴率争いを繰り広げている。前週は「イッテQ」が16・3%、「ポツンと…」が番組最高の16・4%だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000080-spnannex-ent


    【【バラエティ】イッテQ、チョーすげえええええwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ