芸能速報

芸能ニュースのまとめサイトを運営しています。
皆様が気になる芸能人のニュースや情報に対し
2chの声などをまとめて紹介しています。

    タグ:引退



    (出典 img.sirabee.com)


    確かに難しいですよね。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/20(月) 17:41:45 ID:cBgJ491d9.net

    タレント、有吉弘行(45)が19日放送のJFN系ラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・0)に出演。元タレント、島田紳助さん(63)さんについて言及した。

    有吉は「芸能界、復帰歓迎の声多数だって」と切り出し、「本当? そうなの? 吉本の芸人にアンケートとってみたいよね」と首をかしげた。「俺らは関係ないっちゃ関係ないじゃない、別に。そんなお会いすることないから」と笑いを誘うと、「吉本の芸人に『紳助さん復帰しますけど、どうですか?』って全員にアンケートを取ってみたら?」と提案した。

    アシスタントを務めるお笑いコンビ、デンジャラスの安田和博(52)から、「ノーとは言わないですよ。みんな歓迎って言うんじゃないですか」とツッコミが入ると、有吉は「言うかな。俺は言わないと思うよ。それは、misonoに訊けば『歓迎』って言うだろうけど」と語っていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17691340/
    2020年1月20日 17時19分 サンケイスポーツ


    【【お笑い】有吉弘行、島田紳助さんの復帰に物申した・・・・】の続きを読む


    『関ジャニ∞』内部に裏切者が!? “情報ダダ洩れ”で疑いの声続出 - めるも
    昨年4月に渋谷すばるが脱退し、今月末には人気メンバー・錦戸亮の脱退も控えるなど、ここのところ悲しいニュースが続いている『関ジャニ∞』。事務所内部や関係者が動揺 ...
    (出典:めるも)



    (出典 www.tvlife.jp)


    あらら。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/22(日) 14:01:37.04 ID:VGZ4fsem9.net

    昨年4月に渋谷すばるが脱退し、今月末には人気メンバー・錦戸亮の脱退も控えるなど、ここのところ悲しいニュースが続いている『関ジャニ∞』。事務所内部や関係者が動揺しているのは想像に難くないが、振り返るとその統制については、疑問視せざるを得ない出来事が続いていたと言っていい。

    9月3日、グループはデビュー15周年の5大ドームツアー千秋楽を東京ドームで迎え、2日後に公式サイトで錦戸の脱退・退所を発表。しかし、錦戸は今年3月に『週刊文春』で「夏にも発表予定」と脱退が決まっていることをリークされており、公式に否定コメントがないままファンは半年もの間〝生*〟に遭うこととなった。

    また、14日配信の『文春オンライン』は、ツアー最終盤の9月1日、東京ドーム公演を終えた横山裕がライブ関係者を含む女性3人、男性1人とともに焼肉店を訪れていたことを報道。同現場の横山が未成年の参加女性にデレデレとしていたことなどを挙げ、〝グループが大変なときに能天気〟〝未成年のいる席で飲酒をするのはどうなんだ〟〝まさかその女性にも飲ませたのでは?〟といった批判的な論調で記事を結んでいる。

    関ジャニ関係者の口は軽い?
    女性同伴とはいえ、既にアラフォーである横山がツアー後に打ち上げ感覚で飲んでいたという、大したスキャンダル性はない同記事。むしろ、一部のファンが問題視したのは、飲み会の様子や横山の発言が詳細に掲載されたことだ。

    「記事内で飲み会の様子がかなり鮮明に記事化されていたことから、参加者の誰かがボイスレコーダーでも回していたことは明白。1日夜に行われて14日に配信されているというスピード感からも、『文春』にリークした者がいることは間違いないと見ていいでしょう。そして一部のファンは、錦戸の脱退報道や今回の飲み会報道のように、『関ジャニ』の身内に口の軽い関係者がいることを問題視しているのです。錦戸のときも、『文春』は関係者や知人への取材で脱退情報をつかんだとしていますし、情報のコントロールが取れていない状況が続いているようです」(芸能記者)

    思えば、渋谷の脱退に関しても、公式発表の直前に第一報をスッパ抜いたのは『フライデー』だった。そう考えると、「関ジャニ」に関してはリークとも言える動きがあまりに続いており、自ら記者会見を開くまでどこにも活動休止をかぎ付かれなかった『嵐』とは大きな差があると言っていいだろう。

    「関ジャニ」の状況が状況だけに、ダダ漏れとも言えるこうした動きにファンが敏感になるのは仕方ないこと。事務所やメンバー一同は、今一度情報統制をしっかりと行うべきかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2012855/
    2019.09.22 11:02 まいじつ


    【【衝撃】『関ジャニ∞』内部に裏切者が!? 完全に終了のお知らせ・・・・・】の続きを読む


    元「成宮寛貴」公式サイト開設「1から歩き始める」 - 朝日新聞
    「成宮寛貴」の名前で活動していた元俳優の平宮博重(なりみやひろしげ、37)さんが、誕生日を迎えた14日、公式サイトを開設したことを発表した。 2016年12月に芸能界を ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 takuyasenda-digest.com)


    これはどうなんでしょう・・

    1 muffin ★ :2019/09/14(土) 12:30:53.79 ID:5i6XKGQN9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909140000255.html
    2019年9月14日10時59分

    「成宮寛貴」の名前で活動していた元俳優の平宮博重(なりみやひろしげ、37)さんが、誕生日を迎えた14日、公式サイトを開設したことを発表した。

    2016年12月に芸能界を引退し、現在は海外で生活している平宮さん。インスタグラムのストーリーズに動画をアップし、「成宮寛貴という名前とお別れしてからだいぶ時間がたちました。それはとてもとても長かったです。いろんな気持ちの変化があったり、周りも目まぐるしく変わっていったし」と振り返った。

    続けて「その中で、自分らしさ、自分の信念というか、そういうものを曲げなければいけない瞬間がたくさん訪れて、でも、今も男らしさというか人間らしさというか自分らしさは捨てずに曲げずに今もここにあります」と自身の胸を示し、「僕が本当に幸せだと感じたのは、僕の周りの仲間が変わらずそばに居てくれていること、そしてこうやって見てくださっているみなさんが僕のそばに居てくれていることです」とファンに感謝。「その宝物を胸に、新しくもう1度、1から歩き始める準備ができました。僕は表現することがやっぱり好きなので、僕のウェブサイトを作り、そこで表現することにしました」と報告した。

    https://www.narimiya.net/

    https://www.narimiya.net/2019/09/13/mug/

    (出典 www.narimiya.net)


    人生で初めてキャンバス絵を描いたのがこの薔薇の絵でした。
    Instagramに載せた時に皆さんからたくさん嬉しいリアクションがありました。
    その嬉しかった気持ちを僕の描いたこのアートを何か違う形にして、皆さんと気軽にシェア出来たらいいなと思いました。
    そしてアイデアが浮かんだのがマグカップ、このデザインでした。
    そして想像通りのクリエイティブが生まれました。

    instagram
    https://www.instagram.com/hiroshige_narimiya/?hl=ja

    関連
    【元俳優】成宮寛貴、ついに始動!“新たな活動”を報告「皆さんからパワーを頂きました」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568151468/


    【元俳優・成宮寛貴の現在wwwwwww アーティストとして復帰か・・・】の続きを読む


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    104キロバイト (14,317 語) - 2019年8月9日 (金) 09:50



    (出典 grapee.jp)


    どうなんでしょう・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/12(月) 23:33:20.73 ID:rcNTV7p49.net

    元メンバーの山口真帆への暴行事件による騒動がいまだに収束していないNGT48だが、今月の1日から15日まで劇場公演が開催されなかった。

    それでも、今月1日には、山口の騒動を巡るメンバーの投稿が炎上し停止していたSNSの更新を順次再開し、3日には都内で行われたアイドルイベントに出演し再始動。
    “山口派”だったメンバーの村雲颯香の卒業公演が今月末に行われることもあり、着々と再始動に向かって動き出している。

    「とはいえ、暴行した加害者に運営会社・AKSが損害賠償を求めた民事訴訟がまだまだ続きそう。裁判が決着しない限り、世間から厳しい目が向けられたまま」(芸能記者)

    山口の事件を巡る報道では、“山口派”のメンバーはファンとの「つながり」がなく、そうでない一部のメンバーは“クロ”と言われていたが、
    “山口派”のメンバーが全員卒業しただけに、ファンからも厳しい目が向けられそう。そんな中、グループの“浄化”に向け、あるプランが浮上しているというのだ。

    「今年4月でHKT48を卒業した指原莉乃を、グループの“顧問”に就任させようというプランです。指原はほかのアイドルグループもプロデュースしていますが、
    NGTに“ベタ付き”でなければ、ソロとしての仕事をこなしながらも、グループにあれこれアドバイスできるはず。そこで白羽の矢が立ったようです」(レコード会社関係者)

    指原といえば、12年6月に男性スキャンダルを報じられたことで、AKBからHKTに“左遷”。
    しかし、ほかのメンバーを鍛え上げてHKTのグループとしての質を向上させ、移籍後、総選挙で前人未到の3連覇、V4を達成した、48グループにとってカリスマ的な存在だ。

    「たまに指原がNGTのメンバーに“指導”すれば、ファンたちから愛されるようなグループに生まれ変わらせることができるでしょう」(芸能記者)

    NGTを“再生”できるのは指原しかいないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1961658/
    2019.08.12 21:00 リアルライブ


    【【アイドル】指原莉乃、NGT48の“顧問”就任話が浮上????】の続きを読む


    グラドル川崎あや、来年3月で引退を発表 - 日刊スポーツ
    グラビアタレント川崎あや(28)が、来年3月をもって芸能界を引退すると発表した。川崎は25日、ツイッターを更新し、「7月25日発売の週刊ヤングジャンプで発表し…
    (出典:日刊スポーツ)


    川崎 あや(かわさき あや、1991年1月3日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、レースクイーン。 神奈川県出身。01familia所属。 2014年3月、SUPER GT2014 ランボルギーニのレースクイーンに選ばれる。8月、「汐留グラビア甲子園2014」出場(ファイナリスト)。 2015年、3月にSUPER
    23キロバイト (2,748 語) - 2019年7月27日 (土) 03:11



    (出典 response.jp)


    そうだったんですね。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/28(日) 13:01:07.39 ID:osH+lZHn9.net

    25日発売の『週刊ヤングジャンプ』34号(集英社)で芸能界引退を発表したグラビアアイドルの川崎あや(28)が28日、都内で引退報告の取材会を開催した。

    「ミスFLASH2016」グランプリを獲得した川崎は、SUPER GT300のレースクイーンとしても活躍。身長167・バスト80・ウエスト52・ヒップ88センチという細いだけではないメリハリボディを誇り、刺激たっぷりなハイレグ水着にも挑戦するなど、一気にブレイクした。

    5回目のヤンジャン表紙で引退を電撃発表し、業界に激震が走った。約1年前から悩んでいたそう。「もうそろそろなのかな、と。でも、まだイケるとファンのみなさんの応援があって、もう少し頑張ろう、と。いいタイミングじゃないかと思って決断しました」と心境を明かす。写真集1冊、DVD11本、マンガ誌なども多く表紙を飾った。「自分がグラビアを始めたときに、目標としていたことが叶ってしまった。その次の目標が思い浮かばなかった。これ以上が出せないと気付いてしまった。今がピークなら辞めようかな、と」と引退理由を説明した。

    引退発表時に「グラビアアイドルは通過点ではなく、始めたときからそこが目標でゴールでした」と明かしていたように、タレントや女優への転身という思いが強くならなかったそう。「グラビアの後に女優さん、タレントさんになるのは、すごく自然な流れ。変なことじゃない」と口にしたが「私にも、そういう気持ちが芽生えるのかなと、ちょいちょいかじってみたんですけど、ちょっと違うかなって。話すのが苦手なのでタレント活動が、感情を出すのが苦手なので女優さんは向いてないと思った。私はグラビアでやっていきたい気持ちが強かった」と振り返る。

    また、川崎は次々に届くグラビア以外の仕事のオファーを断ることもありながら“本業一筋”を貫いた。事務所もサポートしていたが「だからこそ自分の活動スタイルが事務所のこれからに、邪魔じゃないですけど、そういう存在になっちゃうのかもしれない。みんなは、もっと演技の仕事やタレントやりたいと思っているのに、私はグラビアだけをやりたいというのが申し訳ないというか…。後輩たちにも、いい影響じゃないんじゃないかなと少し思って」と後輩への思いを語った。

    アンジェラ芽衣、青山ひかる、黒木ひかり、桃月なしこら事務所には今をときめく、グラビアトップタレントが居並ぶゼロイチファミリアに所属。後輩の“後追い引退”を危惧していたが「いざ発表したら『あやちゃんがいなくなった後も頑張る』と言ってくれて安心した。そういう意識が芽生えてくれて私はうれしいです」としみじみと口に。所属事務所との“確執疑惑”は本当にない(笑)。何もない。本当にいい事務所に恵まれたと思っている」と笑い飛ばした。

    活動終了時期は来年3月まで。発表前は考えすぎて泣くこともあったそう。それでも「いざ発表したら頑張るしかない。頑張ろうというがやる気が満ち溢れている。このまま下り坂にならないように頑張らなきゃいけない。(引退発表で)人気が落ちるのはかっこ悪い。最後まで頑張っていきたい」と力強く宣言した。

    引退後は未定。「『川崎あや』で検索すると隣に『結婚』とか『AV』って出る。ホントにないんです(笑)」と苦笑い。結婚については「何年かしたら年頃なので、できたらいいな」と願望を語った。

    『週刊ヤングジャンプ』34号のお気に入りカットは「見開きです。今までは明るい感じが多かったんですけど大人っぽく。光の加減もキレイです」とアピール。同誌の思い出として3色のハイレグ競泳水着を挙げ「かなり反響がありました。ここから始まったかな。トレードマークになってうれしいです」と笑顔を見せた。同誌編集でラスト写真集が発売されることも決定しており「胸がなくてもファンのみなさんの応援で、ここまで表紙になることができた。そういった意味で、頑張っている子たちの希望になれたら」と思いを口にしていた。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16843055/
    2019年7月28日 12時27分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【衝撃】川崎あや、電撃引退の理由が・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ